• 節足動物 十脚目 エビ亜目 カニ下目
  • カニのなかまのゾエア幼生

管理者未確認

同定確認中

同定確認済

採集データ

採集時期2020年 6月 地域和歌山県 和歌浦
入手先しらす漁の網

投稿データ

投稿者名藤本まなみ ゆうき さん 投稿日2020年6月30日
  • 藤本まなみ ゆうき

    見たことない生物!
    新発見!?
    説明
    本体は丸くBB弾程の大きさの球状で、固くオレンジがかった透明で中が透けて空洞です。
    胴体と思われる球状部分からは、前に一本、 後方に二本のかなり鋭いトゲのような足?と思われるものが生えています。
    前足は後方の足よりも長く、前足を挟む形で目と思われ
    るものが胴体との付け根部分についています。

  • 管理者

    細かく的確な観察がすばらしいです。
    お腹がとれてしまっていますが、カニのなかまのゾエア幼生であってると思います。

コメントを投稿

※この登録情報について質問や問題がある時は、管理者に連絡してください。
管理者(かんりしゃ)に連絡(れんらく)する

節足動物 十脚目 エビ亜目 カニ下目 カニのなかまのゾエア幼生

このチリモンの見分け方

頭の前後にトゲが長く伸びています。大きな頭だけど、体は細くて頼りないです。

この種類の特徴・生態

カニのなかまの最初の浮遊幼生(水中をただよう子ども)の姿です。何回か脱皮をして、メガロパ幼生になります。

この種類の成魚

この種類の料理

このページの一番上へ